千石100年の庭と家

文京区は千石で、昔ながらの家と庭の残る暮らしを小さく続けるための試みです。

引越しのこと、もうすこし

「あれっ、終わるんじゃなかったの」というところでしたが、もう少し、書きたいことがあるときに、ときどき書こうと思いました。個人ブログのこういうところが良いところです。終わりもないし、はじまりもないような、無時間性にもつながる気がする、、、とは、言い過ぎですが。

 

私にとって今回のお引越しは、とりわけ感慨深いものがあります。「夢にまで見た長屋生活」と知人が評してくださいましたが、まさにそのとおりで、文京区の木造ぐらしを夢見て上京したものとしては、こんなに素敵なお家にいっときでも住まわせてもらったことに、感謝の念しかありません。今でも千石のまちを子どもと歩けば、こんなこともしたかった、あんな人にもお話伺いたかった、と一つ一つ、思いが連なっていきます。もうひとりふたり赤ちゃんも迎えて、この街で子どもたちと家族とみんな、育っていく様子を見たかった。酉の市でばったり、挨拶だけする、でも素敵なお母さんとお会いするのも嬉しかった。変わらない街の様子を記録し、小さな雑誌を作りたい、という夢もまだあります。近くには、「谷根千」というロールモデルもあります。仲間もそろいつつある、と思っていました。

 

とはいえ、何かをするときに、「ふさわしい場所」と「ふさわしいタイミング」というものがあります。今の私には、なにもかもは手一杯でした。少し体調を崩してみて、それをじっくりと、味わうことができました。まずは自分自身の健康と、そして、子どもの育ちを保証すること、夫がのびのびと自分らしく生きられるような働き方と生き方を、一緒に考え、実践すること。自分自身の目標や人生でしたいことが、いつのまにか様変わりしていることにも気付かされました。知らないうちに階段を登って、違う景色を見始めてしまった。すべてのフィルムを同時に映すことはできない。そういう感じです。

 

好きな人も好きなお店もいっぱいあります。また遊びにも来るはず。どなたか、次にこの家に住まわれる方が、幸せいっぱいでありますように。この街に住まわれてるたくさんの素敵な方たちが、そのまま、のびのびと次の世代にバトンを繋いでゆかれますように。川の流れがいくつもわかれても、行き先は海につながるように、古きものと新しきものが手に手を取って、2020年代の日本、東京のあたらしい美しい暮らしがありますようにと思いながら、荷物をせっせと詰めています。